女子が昼から飲めるお洒落なビール!かぶせ茶の津野山ビールとは!?

スポンサードリンク

高知市からこんにちは。

梅雨に入りどんよりした天気が続いてますね。こんな日が続くと気分もすっきりしないですよね。ついつい休みの日も外に出ず、家でできる作業ばかりしてしまう編集長小川です^^

しかし、梅雨だからといって梅雨らしい生活をしなくちゃいけないわけではないんですよ (^▽^)/

高知市に住んでいるのであれば、例えば雨であろうとも好きな時に美味しいご飯とビールで幸せを味わってもいいんです。

ということで、前回のリベンジということで、「スイーツ食堂 マンテンノホシ」で津野山ビールを飲みに行ってみたいと思います。

 

日曜日のお昼に女子がひとりカフェで飲めるビールがあるんです

※この写真はイメージです。わたしじゃないですよー。わたしはもっとスマートにお酒を飲みます(; ̄ー ̄川 アセアセ

ビールといえば仕事後にサラリーマンが美味しそうに飲む姿。汗臭そうなシャツでゴクゴク飲んだ最初の笑顔。こんな顔居酒屋でよくみかけませんか。しかし、女子のみなさんはひとりでこんな顔して飲めないですよねー。

しかし、高知市にはそんなビール好きな女子たちの悩みを一気に解決することができるビールがあるんです。それが「津野山ビール」。日本中の女子の皆さん!もう我慢しなくていいんですよ。大好きなビールをお昼から堂々と飲んでください。

きっとまわりのひとは「抹茶ジュース」と勘違いすることでしょう(笑)

 

「スイーツ食堂 マンテンノホシ」

ここが「マンテンノホシ」。編集長小川が前回記事で紹介したところですね。

 

カフェですよね。まさかこんな場所でビールなんて!!ってまわりのひとは思うことでしょう。女子のみなさんがここで座っていればまわりのひとはもう完全に「#カフェ女子」として見ることでしょう^^

さあまわりの目を気にすることがなくなりました。あとは津野山ビールを注文するだけ。

 

ありましたね、、、「津野山ビール!!」

おじさんたちはジョッキでいいですが、女子のみなさんは「グラス」で頼んでくださいね。ジョッキで頼んでしまうと「ほぼ・・ビール」です^^

 

ビールに合うつまみだと「焼き鳥や漬物」を頼みたいところですが、それを頼んでしまうとビールに見えてしまうので、ここはカフェで違和感のないメニューが無難ですね。

「燻製の盛り合わせ」あたりがいいと思います。まあそこは自由ですが(笑)。

外のテラス席には「呼び鈴」があるんですが、かなり大きな音がなるのでここはお店のなかの定員さんに一声かけたほうがいいでしょう。呼び鈴鳴らしてきてくれなかったらちょっと恥ずかしいですもんね^^

 

注文すること3分。意外とはやく津野山ビールが登場しました。

わたしはジョッキで注文をしたのでビール感満載。しかも男子ですから違和感満載(;´▽`A“

おつまみの燻製がやってくるのは少し時間がかかりそうなので、泡がなくならないうちに飲んでしまいたいと思います。ではいただきまーす!!

 

そして燻製の盛り合わせ。さすがは「スイーツ食堂マンテンノホシ」さんですね。インスタ映えする盛り付けとプレート。この組み合わせならお昼から女子がひとりでカフェビールをしていても全く違和感がないと思います。

 

わたしも1杯だけ津野山ビールを飲みましたが、その後は普段と全く変わらずに過ごすことができました。「ビタミンCがたっぷり。二日目に残りにくいビール」と書いてありますね^^

これならお酒にちょっと弱いひとでも楽しめそう。

ここで簡単に「津野山ビール」の「かぶせ茶」についてご紹介したいと思います。

 

とても手間暇かかる「かぶせ茶」とは!?

ワラや寒冷紗などで1週間前後茶園を覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てたお茶のことを呼びます。陽の光をあてずに新芽を育てるため、茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なく旨みを多く含みます。
同様に被覆栽培する緑茶として「玉露」がありますが、玉露はかぶせ茶よりも被覆期間が20日前後と長くなっています。
引用:株式会社伊藤園「お茶百科」より

漢字でかくと「冠茶(かぶせちゃ)」とかきます。

そんな手間暇かかる「かぶせ茶」。さらに「津野町」でつくられた「かぶせ茶」100%。お茶としても極上品なものを贅沢にビールに混ぜてしまったんです。

 

スイーツ食堂マンテンノホシ

 

住所 高知市帯屋町2丁目3-1

電話 088-821-6621

営業時間 11:00~23:00(平日・土・祝日)、9:00~22:00(日曜)

定休日 年中無休(ひろめ市場休館日に準ずる)

駐車場 ひろめ駐車場(収容台数188台)

 
 

 

高知にひとりで旅行に来るひとって結構多いみたいですね。ひろめ市場でも、観光客らしいひとがひとりでビールを飲み、カツオのたたきを食べている姿を見かけます。そんなひとり達男女のもおすすめです。

高知らしい食と文化を一度に味わえる津野町のアンテナショップ。「スイーツ食堂マンテンノホシ」。ぜひ試してみてください。もしかしたらわたしがテラスで津野山ビールを飲みながら記事編集をしているかも^^

 

 

「高知。おまちRASHISA」のスポンサーリンクです

この記事をシェアする