ゆっくりと時がすすむ「旭駅前商店街」の魅力

スポンサードリンク

高知市には土讃線という汽車が走っています。

電車ファンが喜びそうな味のある車両です。

そんなJR土讃線の駅がある高知市の「旭駅」が今回の舞台です。

昭和のかおりが色濃くのこる迷路のようなこのまちを探索してきました。

 

空襲被害から逃れたラビリンスなまち「旭」

空襲被害から逃れることができたこのまちは迷路のようなまちでもあります。

いたるところにこのような細い路地があります。

迷いこんだら次にどこへ出るのか、初めてくるひとには想像もできないことでしょう。

そんな「旭」というまち。

昭和の雰囲気がただよう素敵なまちでもあります。

 

商店街は良い意味で時がストップ

写真を撮影したのは午前10時頃。

ひとはほとんどいませんでしたね。お昼にくる買い物客のためにゆっくりと開店準備をすすめています。急いでいる感はまったくなく、商店街にながれるまったりとした雰囲気とマッチしていましたね。

 

ひと影のないお店

このお店ではすでに開店準備をおえていました。

しかし、店主が見当たらない。よくあることですね。

でも不思議と近づいたら奥から店主がでてきました。ちかくにいたんですね。失礼しました(汗)。

そういえば今ではフルーツ屋さんって少なくなりましたよね。

 

シンプルな看板が素敵な「べんとう屋」

いいですね、「べんとう屋」。

なんだが店主の人柄がにじみてています。

お店の前ではなじみのお客さんか、同じ商店街の仲間でしょうか、タバコを吸いながら楽しそうに談笑していました。お互い一仕事を終え休憩しているのでしょうね。

きょうはこちらでお昼ご飯を買ってみようとおもいます。

お店のまえのホワイトボードがいい味だしていますね。

おすすめの「宇佐で獲れた朝どれのサバフライ」はどこかなー。

本日の日替わりにもない!!?

もう売り切れてしまったんでしょうかね。

ということで、わたしのすきな生姜焼きを頼んでみることにしました。

これで税込500円です。

たくさんおかずも入っているのでお得だと思いました。

そして味付けも飽きずに食べれるぐらいのほどよい塩加減でした。

お弁当は注文してから作ってくださったので、とても美味しくいただきました。

 

ネーミングがさっきの「べんとう屋」と似ている。高知県民の気質?

「居酒屋 駅前」。

とても分かりやすく忘れないネーミングですよね。

さっきの「べんとう屋」も絶対に忘れないネーミング。さてはふたりともお友達で同じような気質なのでは、と思ってしまうお店です。

キリンビール県である高知県でアサヒビールのちょうちんをたくさんかけているのは「旭駅」にかけて「アサヒビール」なのかとまた勝手に思ってしまいます。これも高知県民気質なのでしょうか。

 

一度は泊まってみたい田舎の駅前旅館

レトロ好きの編集長としてはたまらない「若竹旅館」さんです。

一応、営業はしているようですね。わたしが以前住んでいた世田谷や横浜では絶対みることのできない旅館です。きっとこの旅館に泊まったら今は昭和だと錯覚をしてしまうに違いありません(笑)。

いつか泊まってみたいのですが、自宅の最寄り駅でもある駅前の旅館に泊まる理由が見つかりません!!

夫婦喧嘩で家から追い出されでもしたら泊まることにしましょう(汗)。

 

戦後の高度成長期にはたくさんの地元客で賑わっていたお好み焼き屋「ぼん」

このお店は地元では知らないひとがいないぐらい有名みたいです。

どんな店主でどんなお店だったんでしょうね。

開店し繁盛していたときを思い浮かべると、しみじみとしてしまいます。しかし、まだその面影を残しているというのは、当時このお店に通った方々にとって、家族や友人などと楽しいひと時を思い出すことができるので素敵なことだと思います。

ぜひ、この雰囲気のままリノベーションして飲食店などが再開してくれると嬉しく思います。

 

今でも残る買い物客と店主とのコミュニケーション

何も買わずに写真だけ撮らせてもらったんですが、こちらを向いて無言の笑顔で「いいよー」と言ってくれた気がしました。地元の買い物客とも素敵な関係をきずかれていることと思います。

こんどは夕飯のおかずを買いに行きたいと思います。

ちなみにこちらのお店、店名がどこにも書いてなかったんです。

店名が書いてあった塗装がはがれてしまったんでしょうね(笑)

今度店主に聞いてみたいと思います。

 

都会で生活しているひとには想像できないスローペースな商店街

この「旭駅前商店街」は、JR土讃線以外にも「路面電車」でいくことができます。

北はJR、南は路面電車。

意外に交通の便がいいですね。遠出もしやすくおまちのアーケードへもすっと行くことができます。

ラビリンスでスローなまち「旭」。

高知らしい商店街をみてみたいひとにはおすすめです。

 

「高知。おまちRASHISA」のスポンサーリンクです

この記事をシェアする